MIMI's Photo Diary ~神様がくださった宝物~

CGM キリスト教福音宣教会

涙の種

皆さんは最近涙したことはありますか?

 

世の中には悲しい事情があまりにもたくさんありますよね。

どこにもぶつけることができない想いもさくさんありますよね。

 

 

私は以前悲しいこと、つらいことがあっても泣けなかったです。

特に人前では絶対に泣けなかったです。

うまく自分を表現できなかったし、どうせ泣いたってわかってくれる人はいないと思ってました。

 

しかし神様に出会って、涙したすべては神様が全部わかってくれていて

それはすべて無駄ではないということ

 

それがわかってからは涙もろくなりました。

 

 

キリスト教福音宣教会の牧師であるチョン・ミョンソク牧師はこう教えてくれました。

 

『涙をもって蒔く者は喜びをもって刈り取るから、落胆するな。』

『涙を持って種を蒔いて初めて、喜びを持って刈り取ることができる。』

『涙の人は滅びない。』

『涙は愛の種だ。』

『人生は涙なしには喜びの束を刈り取ることはできない。』

『涙をもって種をまかないと、芽が出ない。』

~2003年4月27日主日「涙は喜びの種」より~

 

たくさん泣いていいんだ、泣くことは恥ずかしいことでもなんでもないんだと思えるようになりました。

 

もし今、この記事を読んでいる方で

つらいことがあった人、苦しく思っている人、泣くことをためらっている人

そういう人がいたら、一度神様が目の前にいると思って泣いてみてください。思っていることをすべて打ち明けてみてください。

 

神様が全部わかって

必ずその涙の分、いつか喜びに変わるでしょう。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 MIMI's Photo Diary ~神様がくださった宝物~

テーマの著者 Anders Norén